探し方

【必見!】人見知りの方にもおすすめなボランティア4選をご紹介!参加時の不安とその対策法も解説

こんにちは!ぺいぺいです!

皆さんの中でボランティアに参加したいけど、こんな悩みがあってなかなか一歩踏み出せずにいるという方はいらっしゃいますか?

  • 参加したいけど人見知りだから緊張しちゃう
  • 既にある輪に飛び込むのは苦手
  • そんな自分でもできるボランティアなんてあるのかな

今回はそんな「ボランティアに参加したいけど、不安でなかなか一歩が踏み出せない」という方のためにおすすめなボランティアをご紹介いたします!この記事を読めばその悩みが解決し…

人見知りな自分でもこのボランティアならできるかも!

と自信がつくかもしれません。茨城で楽しくボランティアに参加したい人は、ぜひ最後まで読んでいってください!

この記事のトピック
  • 人見知りの方が持つ3つの不安とその対策法
  • 人見知りな方にもおすすめなボランティア4選

人間誰しも新しい挑戦をするときは腰が引けてしまうものです。しかし、腰が引けてしまう人ほど実はその物事を人一倍真剣に考えています。その結果、不安が頭をよぎりさらに腰が引けてしまうんです。私自身もそうだからよくわかりますが、必要なのは不安を抱えたまま悩み続ける時間ではなく、この二つです。

  • 不安を解消するための情報
  • 納得のいく判断をすること

私の経験でしか語ることが出来ませんが、この記事があなたの”楽しいボランティアライフ”を始めるきっかけになれば幸いです!それでは本題に入ります!

人見知りの人が持つ3つの不安とその対策法

人見知りな方にもおすすめなボランティア4選をご紹介する前に、人見知りの方が抱える不安と、その対策法を3つずつご紹介していきたいと思います。当てはまる人は、ここに書かれていることを実践したり、考え方を変えるだけでだいぶ不安が解消されると思います。

まず、結論から先に出しちゃいます!3つの不安とその対策法はそれぞれこんな感じです!

3つの不安
  1. 相手の人柄が分からない不安
  2. 気軽に参加していいのか不安
  3. 輪の中に馴染めるか不安
3つの 対処法
  1. 顔写真とコメントを見てみましょう!
  2. ボランティア=重いという考え方を変えてみましょう!
  3. 初心者が多いボランティアに参加しましょう!

ではまず、不安の1つ目:”相手の人柄が分からない不安”と、その対策法についてお話していきます。

1.相手の人柄が分からない不安

 これは具体的に言うとこんな感じです。

  • どんな人達がいるのかな…
  • 厳しかったりするのかな..
  • 怒られたりしないかな..

やはり、どんな人でも初対面の人には緊張してしまいますよね。他の方がどうかは分かりませんが、私は“緊張しているのが相手にバレた時”に余計に緊張してしまうタイプです。なんかあの気を使われている感じがとても苦手なんですよねぇ…。案外グイグイ来てくれる人とのほうが緊張しなかったりします。

では、そんな不安を抱えている人はどうしたらいいのでしょうか?その対策法がこちらです。

顔写真とコメントを見てみましょう!

この不安の原因はシンプルで、”人柄が分からない”から。顔すら分からない状態だとどれだけ悩んでも不安がなくなることはありません。気になるボランティアを見つけた時は、代表者の方の顔写真やコメントを探してみると良いでしょう!全く情報がない状態よりは不安の解消に繋がると思いますよ。

  • なんかこの人とは合わなそう…
  • 怖そうで楽しく参加できない…

直感でそんな風に思ったならムリに参加せず、他のボランティアを探してみましょう。

何言ってんのよぺいぺい!そんなのどこにも載ってないよ!!

そもそもどこでどんなボランティアをやっているのかすら情報がないのにどうやって探せって言うんだよ…

はい。その通りです。でもそのために私がいるんです。

もちろんご紹介している団体全てにおいて顔写真とコメントを載せられる訳ではありません。ただ、今回ご紹介する4つの団体については、代表者の方の顔写真と、初参加の方を受け入れる側の気持ちをコメントとして頂いております。

そちらについては、人見知りな方にもおすすめなボランティア4選の部分でご紹介するので、気になる方は是非そちらをご覧ください。以上が、不安の1つ目”相手の人柄が分からない不安”と、その対策法でした。続いて、不安の2つ目”気軽に参加していいのか不安”と、その対策法をご紹介いたします。

2.気軽に参加していいのか不安

これは具体的に言うとこんな感じです。

  • 作業がめちゃくちゃ大変だったりしないかな…
  • 何もできない自分が参加して迷惑じゃないかな…

ボランティアというと「素晴らしい!」や「大変そう」と言ったように何かとハードルが高いと思われがちです。しかし、10団体近く参加している私からすると、それは大きな間違いなんです。詳しくはInstagramの投稿や、こちらの記事を見て頂きたいのですが、ボランティアやってる人って

ただ好きなことやってるだけ

好きだからこそ子どもたちと遊ぶし、好きだからこそごみ拾いをしたりしているんです。

実際のところ参加した初日からめちゃくちゃ大変な作業を任されるようなことは、ありませんでしたし、ましてや参加してくれた人のことを「迷惑だ!」なんて言っている人とは出会ったこともありません。むしろ受け入れてくださる団体の皆さんからは「笑顔」と「ありがとう!」が頂けることがほとんどです。だから、そんなに身構える必要はないんじゃない?というのが私の意見です。

ではここからは、以上を踏まえたうえで”気軽に参加していいのかどうか分からない”という不安への対処法をお伝えしていきます。それがこちらです。

ボランティア=重いという考え方を変えてみましょう!

これはあくまでも私個人の意見ですし、全てのボランティアがこの考えに当てはまるわけではありません。実際、気軽に飛び入りで参加することが好ましくないボランティアも存在します。ただ、だからといってボランティア全体がそうだと思ってほしくないんです。

この記事を読んでいただいている方の中に、ボランティア=重いと考えている方がいらっしゃったら

  • ボランティアは重たいもの
  • やりたくないけどやらなきゃいけないこと

と考えるのではなく

  • ボランティアは好きなことをやっているだけ
  • やりたいからやっている楽しいこと

といったように、考え方を変えていってみてはいかがでしょうか?それだけでココロのハードルが下がると思いますよ。以上が、不安の2つ目”気軽に参加していいのか不安”と、その対策法でした。続いて、不安の3つ目”輪の中に馴染めるか不安”と、その対策法をご紹介いたします。

3.輪の中に馴染めるか不安

 これは具体的に言うとこんな感じです。

  • うまくコミュニケーションとれるかな…
  • 相手にしてもらえないんじゃないかな..
  • 無視されたりするかもしれない…

”自分以外の人はみんな仲が良い”なんていう状況は、人見知りにとってはまさに地獄そのものです。

  • 雰囲気や流れを乱したくないので愛想笑い。
  • 分からないことがあっても誰に聞いたらいいのかが分からずドギマギ。
  • みんなと楽しくやりたいけどコミュニケーションが取れる自信が無い。
  • そんなことを考えると不安が頭をよぎってしまい参加できない

人見知りの方なら誰しもこんな経験があるのではないでしょうか。でも実はこの悩み、とっても簡単な方法で解決出来てしまうんです。それがこちら!

初心者が多いボランティアに参加してみましょう!

先程あげた人見知りならではの不安は、すべて、既にある輪に飛び込もうしているのが原因です。であれば、対策は簡単!輪が無い、あるいはあったとしてもそれが弱いボランティアに参加すればいいんです。

なるほど!その手があったか!

でもそんなのどうやったら分かるの?

そこで私の出番です。

ボランティアと調べてもその団体は初心者が多いのか、あるいは地域の方々でやっている輪が強い団体なのかはわかりません。ですが私は実際に参加してその情報や感想をブログやSNSなどのコンテンツにしているので、皆さんにそれをお伝えすることができます。

参加したいと思った団体は人見知りの自分と相性がいいのかどうか?

それが分かれば輪の中に馴染めるかどうかという不安は和らぐと思います。以上が人見知りの人が持つ3つの不安とその対策法でした!それではここからは、今までの内容を踏まえた上で、人見知りの方にもおすすめなボランティアなんてあるのかいな!という部分をお伝えしていきたいと思います!

人見知りな方にもおすすめなボランティア4選

さてここからは人見知りな方にもおすすめなボランティア4選をご紹介していきます。

紹介する団体はこちらです!

ボランティア4選
  • まちのこ団
  • 正安寺てらこや
  • フードバンク茨城
  • ゴミ拾いボランティアブルースカイ

そしてそれぞれの団体について以下をお伝えしていきます。

  • 活動内容
  • 代表の方の顔写真付きコメント
  • 人見知りの方にもおすすめな理由
  • 私なりの楽しむコツ

コメントは「初参加の人を、受け入れる側はどう思っていますか?」という質問に対する、代表者の方の回答です。人柄を判断する上で参考にしてみてください!盛りだくさんの内容ですが、読み終わったら必ずボランティアに対して前向きな気持ちになっているはずですので、是非最後までお付き合いください!

それでは本題に参ります!

まちのこ団

まず最初に紹介するのは、人見知りの私が人生で初めて参加したボランティア”まちのこ団”です。

活動内容

まちのこ団の活動の内ボランティアを募集しているのは主にこんな感じ。

主な活動内容
  • コミュニティプレイバス
    • おもちゃを積んだバス。移動式なので即席のあそび場を作れる
  • まちのこベースひたちなか
    • 放課後の子どもの居場所作り事業。市からの委託により運営。
コミュニティプレイバス

遊び道具を積みまくったバスであり、移動式であるためいつどんな時でも即席のあそび場を作ることができるというもの。このコミュニティプレイバス、実は茨城県で所有しているのはまちのこ団だけなんです。ここでしかできない経験ができるかもしれません!

まちのこベースひたちなか

指定の小学校を対象に放課後の居場所作りをしている、ひたちなか市からの民間委託事業です。プレイバスはここにも出動できるため、プレイバスに載っているおもちゃや、まちのこベースひたちなかとして利用している”子どもふれあい館”の遊び道具などを使って子どもたちと遊びまくります。正直に言います。めっちゃ楽しいです。

詳しくはInstagramの投稿や、こちらの記事を見ていただきたいのですが、まちのこ団でのボランティア内容を私なりに一言でまとめると”子どもたちとひたすら遊びまくる”といった感じです。

【茨城県民必見!】子どもが好きなら『まちのこ団』のボランティア一択な理由と活動内容を紹介!茨城県内で子どもと関わるボランティアがしたい!でも、何も情報がない。という方のために、子どもと一緒に楽しく遊べるボランティアをご紹介。その名もまちのこ団。県内唯一のプレイバスも所有しており、茨城県民なら知らないと損です!...

代表の方の顔写真付きコメント

まちのこ団の代表は、”だんちょう”こと増田大和さん。顔写真付きのコメントはこちらです!

まちのこ団のミッションは「子どもの原体験を豊かにする」で、ビジョンは「すべての子どもや若者が自信を持って生きる社会を実現する」なので、スタンスとして若者たちがどんどん挑戦の場やはじめの一歩の場としてウェルカムなんだよね。

まちのこ団の活動を軸にしつつも、関わる以上彼/彼女たちにとっても体験をする場合であり、自己表現をする場であってほしい。やっぱりそれは僕自身が、大人の人たちに信用されて任せて貰えるということへの喜びと、自身の成長を実感できたことがあるから。

まちのこ団の代表 増田大和さんのコメントより一部抜粋

いかがでしたでしょうか?

何回もまちのこ団のボランティアに参加している私からさらに付け加えさせてもらうと、まちのこ団は子どもに対しても大人に対しても”ムダな否定”をすることはまずありません。そういったところからも、挑戦の場やはじめの一歩の場としてウェルカムというのは心の底からの本当の言葉であることが分かっていただけるかと思います。

人見知りの方にもおすすめな理由

続いては人見知りの方にもおすすめな理由です。

  1. ムダな否定をしないから
  2. 初参加な人が多いから
ムダな否定をしないから

これは前述の通り、だんちょうご自身が”挑戦の場”だとおっしゃっていることも踏まえると気軽に参加していいのかという不安の解消に繋がると思います。また、現在は説明会を行っており、理念や考えに共感していただける方のみ受け入れるという形になっています。そのため、興味がある方は説明会だけでも参加してみると良いかもしれませんね。

初参加な人が多いから

明確なデータは出せないのですが、過去十数回以上参加した感覚だと、ボランティアで参加している人は私を除いて多いときで5人ぐらい。そして、そのうち3人程度は初心者なことが多いです。つまり、ボランティアで参加する人の内、毎回6割ぐらいは初心者の方ということになります。また、いつもではありませんが、私以外みんな人生初ボランティア!みたいな時も少なくはありません。これは輪の中に馴染めるかどうかという不安の解消に繋がりそうですね!

連絡を取ってみたいという方はこちらの記事やボランティア名簿に載っている連絡先にお問い合わせをしてみてください!

【茨城県民必見!】子どもが好きなら『まちのこ団』のボランティア一択な理由と活動内容を紹介!茨城県内で子どもと関わるボランティアがしたい!でも、何も情報がない。という方のために、子どもと一緒に楽しく遊べるボランティアをご紹介。その名もまちのこ団。県内唯一のプレイバスも所有しており、茨城県民なら知らないと損です!...

私なりの楽しむコツ

次は完全に私の主観でお届けします。まちのこ団のボランティアを楽しむ私なりのコツはこちら。

その場で遊んでいる誰よりも 

自分が一番笑顔になること

子どもたちを楽しませようとするあまり、笑顔が消えてしまうと子どもたちの顔からも笑顔が消えてしまいます。ですから、子どもたちと遊ぶときは自分が一番笑顔になれる方法を探してみましょう。意外とそれが人と接するときの本質だったりしますんでね。

【茨城県民必見!】子どもが好きなら『まちのこ団』のボランティア一択な理由と活動内容を紹介!茨城県内で子どもと関わるボランティアがしたい!でも、何も情報がない。という方のために、子どもと一緒に楽しく遊べるボランティアをご紹介。その名もまちのこ団。県内唯一のプレイバスも所有しており、茨城県民なら知らないと損です!...

正安寺てらこや

  次に紹介するのはお寺が手掛ける子どもの居場所、正安寺てらこやです。

活動内容

正安寺てらこやでのボランティアの内容はシンプルです。

主な活動内容
  • 子どもたちと遊ぶ

またこの他に正安寺しょくどうもやっていらっしゃいます。と言っても、調理等は正安寺と縁のあるボランティアの方々がやっていらっしゃいますので、基本的には子どもと遊ぶほうがメインだと思って頂いたほうがいいと思います。その他で強いてあげるとすれば、ご飯の食べるためのテーブルやイスの準備と片付けぐらいですかね。お寺だからといって変に身構えたりする必要はありませんよ!

【正安寺てらこや】子ども好き必見!お寺が手掛ける”放課後子どもの居場所”とは?!今回は正安寺が主催する”放課後の子どもの居場所づくり”正安寺てらこやをご紹介。子どもたちと遊ぶのが好きな人、身体を動かすのが好きで体力に自信がある人、賑やかなのが好きな人におすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

代表の方の顔写真付きコメント

正安寺てらこやの代表は、増田さんご夫妻。顔写真付きコメントはこちらです!

うちは、初めましての方も大歓迎なんだけど、同じ活動をしていても「うちは、ボランティアスタッフがいまの人と人数でちょうどいいから新しい人は要らない」ってところもありますよね。そういうところは、スタッフ同士が仲間になっていて、なかなか入り込めないかもしれません。

それでも、それは運営者によって違うし(うちみたいに、誰でも大歓迎ってところもある)、まずは、ボランティアしたいんですがって連絡をしたらいいと思う。どうぞ、なのか、足りてるからごめんなさいっていうか、そこによると思うし。その時、どういう思いでしたいのかってのも添えるといいかな。

「将来、自分も居場所を開きたいから見学方々行きたい」とか、ボランティアしたい理由が聞けると、こちらとしてもなんとなく人となりがわかるので。

新しいボランティアさんがたくさん増えることを願ってます☺️どうぞ宜しく。

正安寺てらこやの代表 増田さんご夫妻のコメントより一部抜粋

いかがでしたでしょうか?

やはり参加する側が思っているよりも受け入れる側の方々はウェルカム感が強い感じがしますよね!ただ、当たり前のことですが、そうはいっても子どもたちや他のスタッフの方々のことを考えると、無警戒で受け入れるわけにはいかない部分もあるとおっしゃっていました。

そのため、参加の意思を伝える場合は、どこの誰で何者でボランティアしたい動機は何かみたいなのを説明できると、お互いに安心してボランティアを楽しめると思いますよ。

人見知りの方にもおすすめな理由

続いては人見知りの方にもおすすめな理由です。それがこちら。

  1. 誰でもウェルカムだから
  2. 増田さんご夫妻が気さくな方だから
誰でもウェルカムだから

まちのこ団と同様、「初参加の人を、受け入れる側はどう思っていますか?」という質問に対して、誰でも大歓迎というお言葉を頂けました。代表者の方にそういっていただけると安心感が違いますよね!こちらは気軽に参加していいのかという不安の解消に繋がると思います。

増田さんご夫妻が気さくな方だから

個人的にはお寺でのボランティアに対して具体的なイメージが湧かず、子どもたちと遊ぶっていってもはしゃぎすぎたら怒られるよな…とひとり不安に駆られていたのですが。これは全くの誤解でした( ´∀` ) ボランティアの時間中子どもたちと建物の中を駆けずり回っていても、ぺいぺいさん体力ありますね!とニコニコしていてくださいました。その他にも、増田さんご夫妻から話しかけてくれることが多かったので、とてもリラックスして過ごせたのを覚えています。これは輪の中に馴染めるかどうかという不安の解消に繋がりそうですね!

連絡を取ってみたいという方はこちらの記事やボランティア名簿に載っている連絡先にお問い合わせをしてみてください!

【正安寺てらこや】子ども好き必見!お寺が手掛ける”放課後子どもの居場所”とは?!今回は正安寺が主催する”放課後の子どもの居場所づくり”正安寺てらこやをご紹介。子どもたちと遊ぶのが好きな人、身体を動かすのが好きで体力に自信がある人、賑やかなのが好きな人におすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

私なりの楽しむコツ

続いては、私の完全主観コーナー。正安寺てらこやのボランティアを楽しむ私なりのコツはこちら。

初めから役に立とうとしすぎないこと

せっかく来たんだから頑張らないと…

と考えてしまうのではなく

どんなお手伝いさせてもらえるのかなぁ~

とワクワクしながら待っているぐらいがちょうどいいです( ´∀` )

当たり前っちゃ当たり前ですが、子どもたちがいるボランティアの場合、一番人手が欲しいのは子ども相手です。そのため、何かを頼まれたとき以外は子どもたちと遊びまくってるほうが役に立てているんです。頑張ろうとするあまり笑顔が消えてしまっては意味がありませんので、自分なりの楽しめるポイントを探してみるのがいいかもしれませんね。

【正安寺てらこや】子ども好き必見!お寺が手掛ける”放課後子どもの居場所”とは?!今回は正安寺が主催する”放課後の子どもの居場所づくり”正安寺てらこやをご紹介。子どもたちと遊ぶのが好きな人、身体を動かすのが好きで体力に自信がある人、賑やかなのが好きな人におすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

フードバンク茨城

  次に紹介するのは団体や自治体を通して生活困窮者等を支援しているフードバンク茨城です。

活動内容

 フードバンク茨城のボランティアの内容はこんな感じです。

主な活動内容
  • 寄付された食品の受け入れや仕分け
  • 支援要請に対する食品の箱詰め 等

”もったいない”を”ありがとう”に。という言葉を大切に活動している団体です。参加されてる方は大学生からお母さん世代の方々まで幅広く、女性割合が高め。ボランティア内容を見て大変そうだと思った方もいるかもしれませんが、あまり細かい作業が得意ではない私でも簡単に出来たので心配いりません。

【食品ロス削減】誰かの”もったいない”を”ありがとう”に変えるボランティア!フードバンク茨城をご紹介今回は「誰かのもったいないをありがとうに変えられる」ボランティア【フードバンク茨城】をご紹介!!食品ロス削減に興味のある方、力仕事が得意な方、誰かを助けている実感が欲しい方、おすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

代表の方の顔写真付きコメント

代表者は大野さんという方なのですが、お会いしたことがないため、いつもお世話になっている長峰さんという方にお話を伺いました。顔写真付きコメントはこちらです!

フードバンク茨城水戸支部に関しては、welcomeです。基本的に「来るもの拒まず、去るもの追わず」のスタンスだと思います。ボランティアは皆が気持ちよく参加できることが大切だと思っています。

1日でボランティアに参加する人、午前だけの人、午後だけの人と皆さん自由に参加しています。皆さん、個人で参加しているので腰が引ける必要もないと思います。色々考えるより、一歩前に踏み出すと、案外どーって事ないと感じるのではないでしょうか。

私たちは特に新しいボランティアさんに対して身構えたりはしていませんし、他の方も同じ気持ちだと思います。フードバンク茨城がボランティアだけの組織で長く続いているのは、そう言うことだと思います。

フードバンク茨城 長峰さんのコメントより一部抜粋

いかがでしたでしょうか?

初めて参加した時も「来るもの拒まず、去るもの追わず」と言っていただいたのですが、この言葉があるだけで非常に心が軽くなったことを覚えています。

また、これから初めてボランティアに参加しようとしている人に言っても伝わらない部分も多いと思いますが、”色々考えるより、一歩前に踏み出すと、案外どーって事ないと感じるのではないでしょうか。”という言葉は実際に参加してみると、その通りだなと思えるはずです。即行動!の部分もあるという訳ですね!

人見知りの方にもおすすめな理由

続いては人見知りの方にもおすすめな理由です。それがこちら。

  1. 来る者拒まず去るもの追わずだから

これは、新しく参加してくれる人を拒むことも無く、活動をやめる方を引き止めることも無いということ。つまり、気軽に参加してOKだし、輪が強すぎることも無いということになります。ただ、これは仲が悪くて、会話もない状態で黙々と作業を続け、誰がどこで何をしてようがしらねーよ、ということではありません。むしろボランティア本来の自由意志を尊重していると言っていいと思います。私自身が初めて参加した時もあまり緊張せずに活動できたのですが、今思うとこの雰囲気があったからだと思います。

連絡を取ってみたいという方はこちらの記事やボランティア名簿に載っている連絡先にお問い合わせをしてみてください!

【食品ロス削減】誰かの”もったいない”を”ありがとう”に変えるボランティア!フードバンク茨城をご紹介今回は「誰かのもったいないをありがとうに変えられる」ボランティア【フードバンク茨城】をご紹介!!食品ロス削減に興味のある方、力仕事が得意な方、誰かを助けている実感が欲しい方、おすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

私なりの楽しむコツ

続いては、私の完全主観コーナー。フードバンク茨城のボランティアを楽しむ私なりのコツはこちら。

こんなのあるんだ~と寄付されてくる食品に対して興味を持つこと

作業自体は、寄付されてきた食品を受け取り、種類や賞味期限ごとに仕分けをするのがメインなのでシンプルです。しかし、それ故に好きな人は楽しめますが、嫌いな人は飽きてしまうかもしれません。そもそもで一度参加してあんまり楽しくなかったな…と思った場合は、ムリに続ける必要もないのですが、もし楽しかったという場合は作業自体の楽しさ+初めて見た食品や、美味しそうな食品があるかどうかを探すようなゲーム感覚でやるとより楽しめるかもしれません。

【食品ロス削減】誰かの”もったいない”を”ありがとう”に変えるボランティア!フードバンク茨城をご紹介今回は「誰かのもったいないをありがとうに変えられる」ボランティア【フードバンク茨城】をご紹介!!食品ロス削減に興味のある方、力仕事が得意な方、誰かを助けている実感が欲しい方、おすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

ゴミ拾いボランティアブルースカイ

 次に紹介するのはただひたすらに大好きな地球をきれいにしたくて活動をされているゴミ拾いボランティアブルースカイです

活動内容

ゴミ拾いボランティアブルースカイでのボランティアの内容はシンプルです。

主な活動内容
  • ゴミ拾い

久慈浜などの海岸をメインに活動されていて、立ち上がったのは2021/6/7ということでとっても新しい団体です。7/22にはビーチクリーン大作戦を開催し、参加者111人、拾ったごみの量ゴミ袋22袋分と大成功を収めました。時間は毎週土曜日の朝7時と早朝ではありますが、朝の海で気持ちよくゴミ拾いをすると、その日一日がとても素敵になる感じがして私は好きです!

【目指すはゴミゼロ!】久慈浜発の〇〇を愛する"ゴミ拾いボランティアブルースカイ"ってなに?久慈浜海水浴場からゴミゼロを目指す"ゴミ拾いボランティアブルースカイ"をご紹介。海が好きな人、朝が得意な人、お掃除やゴミ拾いが好きな人におすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

代表の方の顔写真付きコメント

ゴミ拾いボランティアブルースカイの代表は山元さん。顔写真付きコメントはこちらです!

私の感覚では、ボランティア活動は、1人から始めました。人を誘うことは逆にとてつもない高いハードルな訳です。声かけで増えていくまで時間もかかりました。一方で、他のボランティアにも飛び込んで行きました。どこも大歓迎でした。ゴミ拾いながらの交流や、その後のミーティングなどありますが、自由意志でいいと考えます。目的など明確でなくても。やってみたかったから。でok。

ゴミ拾いボランティアブルースカイに関しては、都合の良い日に来てビーチクリーニング30分やる。ここから始まるので、手ぶらでも結構です。つい、来ちゃったよ、で、ok。

会ってみて何かが見える、これが面白い🤣という感覚です。ゴミ拾いボランティアブルースカイの活動はデッカい地球を考えてます。黙々と拾う。それは、私から言わせればマインドフルネスであり、ウェルビーングであると考えています。ハードルをぶっ壊せ!です。

ブルースカイ代表 山元さんのコメントより一部抜粋

いかがでしたでしょうか?

自分で活動を始め、人に集まってもらうことの大変さを知っているからこその…

  • やってみたかったから。でok。
  • つい、来ちゃったよ、で、ok。

という言葉だと思います。私が参加した時もウェルカム感が半端なくて、でも強引に引き込もうとしてるわけではない心地よい雰囲気を感じました。そして、朝の海という開放的な空間なので、コミュニケーションを取らないと間が持たなくて気まずいなんてこともありません。朝の海の心地よさと、ゴミを拾う宝探し的な楽しさに夢中になり、30分間なんてあっという間でした。

人見知りの方にもおすすめな理由

続いては人見知りの方にもおすすめな理由です。それがこちら。

  1. つい来ちゃったよでOKだから
  2. 間が持たなくて気まずいがないから
つい来ちゃったよでOKだから

ブルースカイの活動は、自然を感じて、ひたすら目の前のゴミを拾うことだけに集中するイメージです。

  • 早起きしてなんかやりたい気分
  • ちょっと海がみたいなぁ
  • なんかに集中したい!

つい来ちゃったよでOKというのは、こんな感じなんじゃないんでしょうか。ボランティアに参加するために早起きしよう!といったように意気込むのではなく、なんか目が覚めちゃったんだけど天気いいしせっかくだから外出るか!となったときに、そういえばゴミ拾いボランティアなんてのがあったなぁと思い出せたらOKだと思います!こちらは気軽に参加していいのかという不安の解消に繋がると思います。

間が持たなくて気まずいがないから

屋内だと人との距離が近くて、うまく話せない時に気まずさを感じてしまいますが、ブルースカイの場合は、各自が自分の好きな場所でゴミ拾いをしているので人との距離は調整可能ですし、目の前の大海原からは常に天然のBGMが流れています。つまり、なんかしゃべらないと…となるような瞬間がほとんどないわけです。もちろん、青空や海の気持ちよさなどを共有したいときは「きもちいいですね!」と話しかけちゃってOKですけどね。自分が心地よい雰囲気を自分で作って活動しましょう!これは輪の中に馴染めるかどうかという不安の解消に繋がりそうですね!

【目指すはゴミゼロ!】久慈浜発の〇〇を愛する"ゴミ拾いボランティアブルースカイ"ってなに?久慈浜海水浴場からゴミゼロを目指す"ゴミ拾いボランティアブルースカイ"をご紹介。海が好きな人、朝が得意な人、お掃除やゴミ拾いが好きな人におすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

私なりの楽しむコツ

続いては、私の完全主観コーナー。ブルースカイのボランティアを楽しむ私なりのコツはこちら。

拾ったごみの量を気にしない

勝負する必要は全くありませんし、少ないからと言って叱られたりするわけではありません。ただ、私のように気にしぃの人は”さぼってたって思われちゃうかも…”なんていらぬ想像をしてしまうんです。もちろんゴミ拾いをしに来ているので、拾えたほうがいいのは確かです。ただ、常に楽しむ心を忘れずにいてください。拾ったごみの量に囚われず、ガラス片を見つけて「キレイ!」でもいいですし、ペットボトルのキャップだけをゲーム感覚で集めたりしてもいいかもしれません。最後に拾ったごみをひとまとめにするのですが、その時に「そんなものまで!」というような意外なゴミを発表できたら楽しいかもしれませんね!

【目指すはゴミゼロ!】久慈浜発の〇〇を愛する"ゴミ拾いボランティアブルースカイ"ってなに?久慈浜海水浴場からゴミゼロを目指す"ゴミ拾いボランティアブルースカイ"をご紹介。海が好きな人、朝が得意な人、お掃除やゴミ拾いが好きな人におすすめです!茨城県内でボランティアをやりたいけど、何も情報がない。という方のためにお届けします。団体の概要から、実際に私が参加しての感想も書いてありますので参考になると思います!...

まとめ

  • 参加したいけど人見知りだから緊張しちゃう
  • 既にある輪に飛び込むのは苦手
  • そんな自分でもできるボランティアなんてあるのかな

今回はそんな「ボランティアに参加したいけど、不安でなかなか一歩が踏み出せない」という方のためにおすすめなボランティアをご紹介いたしました。 

今回の記事のトピックはこちら!

この記事のトピック
  • 人見知りの方が持つ3つの不安とその対策法
  • 人見知りな方にもおすすめなボランティア4選
3つの不安
  1. 相手の人柄が分からない不安
  2. 気軽に参加していいのか不安
  3. 輪の中に馴染めるか不安
3つの 対処法
  1. 顔写真とコメントを見てみましょう!
  2. ボランティア=重いという考え方を変えてみましょう!
  3. 初心者が多いボランティアに参加しましょう!
ボランティア4選
  • まちのこ団
  • 正安寺てらこや
  • フードバンク茨城
  • ゴミ拾いボランティアブルースカイ

好きで楽しいからこそボランティアに参加している私からすると、ボランティアを重く考えすぎろている人が多いような気がします。ですが、ボランティアの本質は「好きだからやっているだけ」「やりたくてやっているだけ」なんです。やりたいと思ったなら飛び込んじゃっていいと思います。そして、飛び込む時に不安があるのなら、この記事を参考に納得のいく判断をしてもらえればいいと思います。参加するまでにどれだけ時間がかかってもいいです。不安な気持ちも楽しみな気持ちも大切にしながら自分と向き合ってみてください。

これからも皆さんが楽しくボランティアに参加できるように情報を発信していきますので、たまーに覗きに来てくれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

茨城で楽しいボランティアライフをお過ごしください!

ABOUT ME
ぺいぺい
ブログ歴半年&会社員歴7年。本をよく読むボランティアブロガーです。茨城県内のボランティアに参加し、"茨城県内でボランティアがやりたい!でも、情報が少なくて..."という方のために情報発信をしております。 ボランティアの募集やお問い合わせなど、お気軽に! 皆さまからの情報提供もお待ちしております!